新着情報

幻のコンコルド!? そして、現代の飛行機はどんなん?

みなさん、「コンコルド」という飛行機を知っていますか?

2003年を最後に世界の空から消えてしまったので、子どもたちはあまり知らない??と思います。

でも、お父さんたちが子供の頃はあこがれの飛行機でしたよね~。

これが、会場に展示してある模型!

見に来た子供たちからも「すげぇ~、戦闘機みたい。かっこい~」というリアクションをいただいています。

初飛行は1969年。通常よりも2倍の飛行高度をマッハ2で飛んでいた超音速旅客機

しかも客席は100席ほどで、全てがファーストクラス。

なんて贅沢な飛行機だったんでしょう。

 

でも、このコンコルド、なんか違いますよね?

そう、機体の塗装が日本航空(JAL)仕様になっている

まぼろし!」のコンコルドなんです。

実際は、イギリスとフランスの会社しか持っていなかったはずなのに…

 

コンコルドはものすごく速かったんだけど、燃料を大量に使う飛行機だったんです。

だから、1)燃料がすぐ無くなっちゃうので、遠くまで飛べない、2)離陸・着陸するのに長~い滑走路が必要だった、3)騒音もうるさい、など

いろいろと問題が出てきて、あまり普及せず、JALも当初3機買う予定だったのをやめちゃったんですね。

この模型は、JALが宣伝用に作ったもの。実際には購入しなかったんだけど、これだけ残っているんです。。。 

だから「まぼろし!

 

現代の飛行機は、コンコルドのような「速さ」とか、ジャンボジェットのような「大きさ」を求めてはいません。

いかに燃費良く、経済的に飛行できるのか、ということころに視点が移っています。

つまり、200人~300人乗りぐらいの中型旅客機の時代が来ているのです。

最新の中型旅客機 ボーイング787

そして、その飛行機づくりに、日本が、この中部地方が大きな役割を果たしている

この世界に誇るべきことを知ってもらうのも、今回の特別展の役割の一つです。

 

みなさん、是非、会場で確かめてください!

2012.08.28, Tuesday | 事務所スタッフ

もうひとつの楽しみ! 音声ガイド

本日も多くの方にご来場いただき、ありがとうございます!

今日は、会場の中でご利用いただいている音声ガイド「音筆(おんぴつ)」を紹介します。

展覧会などではよく見かける音声ガイド。今回の「空飛ぶのりもの」でも用意しており、好評です!

それがコレ!!

鉛筆状の機器が「音筆」と呼ばれる音声ガイドとなります。

「どうやって使うの?」というと、、

1)会場内の解説ポイントが手元のシートで一覧になっています。

2)会場内をめぐり解説ポイントに着いたら、その写真下にある「?」を「音筆」で触れてみます。

3)そうすると、あら不思議!? 展示物の解説が「音筆」から聞こえてきます。

 

ここまでであれば、他の音声ガイドとほぼ変わらないのですが、ここからが「音筆」のスゴイところ!

実は解説が終わった後に、「では、ここで問題です!」と、クイズが出題されるのです。

クイズは3択! 

正解と思った選択肢(グー、チョキ、パー)に触れると、「正解!」もしくは「ブッブ~」と答えが分かります

 

また、この「音筆」は、”子ども向け”と”大人向け”の2つのコースを用意しているのです。

お子様が使い終わった後は、同じ機器で大人向け解説を楽しむこともできます。

 

音声解説だけでなく、クイズもあり、そして親子で楽しめる!と、1台で何倍も楽しい!! しかも、場内の解説パネルに無い「豆知識」も豊富に入っています!!

1台500円と有料となりますが、これはお得!! 

受付は会場入り口にあります!

是非、お試しください。

 

 

2012.08.22, Wednesday | 事務所スタッフ

ついに登場! 空飛ぶ自動車

6月25日にも「秘密の最新情報!!」として少し紹介しましたが、夢ののりもの「空飛ぶ自動車・ミラクルヴィークル」が、いよいよ昨日(8/7)から登場しました。

じゃじゃ~ん! 

 

黄色いボディーがひときわ目立っています!!

 

片側の翼を折りたたんだ状態ですが、道路を走る時は両翼を折りたたみます。

そうすると、普通乗用車並みの横幅(2m)になって、道路も走れるということなんです。

良く見るとウインカーも付いているし、会場でも見えにくいかもしれませんが、お尻にナンバープレートもついているんですよ!

 

道路を走って空港に行けば、そのまま飛び立つことができ、目的の空港に着陸すれば、そのまま道路を走って行きたいところにいける。なんて便利なんでしょう!!

 

でも、日本ではまだ実用化にいたっていません。

開発したのは地元の「岐阜県工業会」さん。1997年から研究をはじめ、2002年に1/3模型を飛ばすことに成功しており、あとは実用サイズでの開発に取り組むだけだったのですが、資金が続かず、今年の6月には開発をあきらめてしまいました。

 

今回の展示をみてもらった子どもたちの中から、「この空飛ぶ自動車を実現してやる!」という子が出てきてくれるといいなぁ、と思っています。

2012.08.08, Wednesday | 事務所スタッフ

知ってる? ソリッドモデル

特別展「空飛ぶのりもの」では、空を飛ぶことが夢だったライト兄弟の頃の飛行機から、B787、MRJなど最新の飛行機まで、さまざまな“空飛ぶのりもの”を紹介していますが、飛行機にまつわる趣味の世界を紹介しているコーナーもあります。

 

その一角が、この写真!!

 

これらは、”ソリッドモデル”と呼ばれる模型なんですが、実は、結構なお客さんが素通りしちゃってる感じなんです。。。

でも、これ、ものすごいんです!!

ぱっと見、「あ~、プラモデルね」なんて思っちゃうんですが、実は、なんと、これらは全て手作りなんです。

木(ほおのき)を材料に、くっつけたり削ったりして形を作り、最後は塗装まで自分でしてしまう!(手前に写っているものは、作ってる途中のデモ模型です!)

左奥に少しだけ写っているポケモン飛行機なんて、とても手描きとは思えないし、写真中央のプロペラ機などは、実際にプロペラも回るんですよ!!(残念ながら、会場内では回っているプロペラを見ていただくことはできませんが、、、)

 

製作されたのは「名古屋3点クラブ」さん。

「ソリッドモデルには、図面、工作、塗装の3点が重要」という意味がこめられているそうです。

君も、夏休みに作ってみては? 

って、そんな簡単に作れるものじゃないかも??

2012.08.01, Wednesday | 事務所スタッフ

寝そべって操縦??

世界で初めて空を飛んだ飛行機「ライトフライヤー号」。

えぇっ、ライト兄弟ってそんな格好で操縦してたの? というのが、コレ!

模型の拡大写真ですが、ちゃんとライト兄弟が操縦した様子が再現されています。

 

手元にある操縦桿(そうじゅうかん)で上昇・下降をコントロール、そして腰の部分にある板を動かすことで主翼をひねり、左右の進行方向をコントロールしていました。
身体全体を使って操縦していたんだね! 良い運動になりそう、、、

 

会場では、どのように操縦したかを実際に再現した映像も流れていますが、大変な操縦だったみたいですよ。

なんて言ったって、コンピューターを前に操縦している
パイロットの顔が真剣・・・
なんです。(これも必見!)

ライト兄弟がいかに苦労したかが分かります、、、

2012.07.27, Friday | 事務所スタッフ

世界で初めて飛んだ飛行機!

皆さん、ライト兄弟って知ってますか?
そう、世界で初めて空を飛んだ飛行機を発明した人ですよね。
その初めて飛んだ飛行機「ライトフライヤー号」が、これ!

でかっ!! なんと、写真に入りきりませ~ん!
もちろん、ライト兄弟が作ったオリジナル機は壊れてしまって存在しませんが、これは九州航空宇宙協会が、アメリカから図面を取り寄せ、木材やネジなども当時と同じものを使用し、できるかぎり本物に近い形で復元したものなんです。
アメリカのスミソニアン博物館にある復元機は有名ですが、それに勝るとも劣らない出来栄えです。

しかも、この復元機のスゴイところは、実際に空を飛んでいるところ! 2007年に鹿児島で飛行実験に成功しており、ライト兄弟がどれほど操縦に苦労したかも、分かったそうです。

このライトフライヤー号だけでも、夏休みの自由研究に使えそうですね!
これは必見!!です。

2012.07.26, Thursday | 事務所スタッフ

最新の秘密情報!!

皆さん、「空飛ぶのりもの」の告知チラシは、もうご覧いただけましたか? 主要駅など各所で配布予定ですので、是非ゲットしてくださいね!

で、そのチラシの裏に今回の展覧会で紹介する主な展示物をしているのですが、今回はまだチラシに出していない最新の”秘密情報!”を公開しちゃいます!

実は、夢ののりもの!? 「空飛ぶ自動車」が展示されることが決定しました(展示は8月7日から9月2日)。

この写真がその実物ですが、なんか007の映画などに出てきそうな感じじゃないですかぁ~。ちょっとわくわくしますよね。

詳しい紹介は、また改めてにしますが、今回の展示が実現しましたのは、岐阜県工業会さんのご協力のおかげです!! まずは感謝、感謝です!!

みなさん、楽しみにしていてくださいね!!

2012.06.25, Monday | 事務所スタッフ